今週の稽古日誌 Practice comment in this week(2019/Sep./13)

2019年10月7日

今回のテーマは「合気道サイボーグ」です。
The theme in this week is “Aikido Cyborg”.

私は合気道の才能には恵まれていません。
それほど力があるわけでも、センスがあるわけでもありません。
そんな私が合気道を続けるのにした選択は「合気道サイボーグ」になることです。
自分の生まれつきの運動性向を捨てて、新たに自分の身体に運動に関するソフトを作っていきます。
代表的なソフトは下丹田やセンター軸です。
コンピューターならば、ソフトを直ぐダウンロードできるのですが、人間の身体にはソフトを作るには数年から何十年もかかります。
その際に身体や意識のバージョンが劣っていると、ソフトが作成できなかったり、上手く動かなかったりします。
自分の身体と意識のバージョンを上げることが上達の絶対条件です。
合気道の稽古では、個々の技をどうするかということよりも、バージョンを上げることの方が遥かに重要です。
2匹のアリが技をあーでもない、こうでもないとやっていても、象には一瞬で踏みつぶされてしまいます。
技とバージョンの関係は、そうなっています。
先天的な才能がない多くの人にとって、ソフトの形成とバージョンアップだけが本当の上達への道です。

I have no talent of Aikido.
I don’t have so strong power and excellent sense.
For me like this, my choice for continuing Aikido was to become “Aikido Cyborg”.
It is to throw away my inborn mobility propensity and make software about my body mobility.
Typical software is Bottom core and the Center Axis.
In computer, it is easy to upgrade software by download.
However to make the software for body control need to take from for years to decades years.
In that time, if the version of body and consciousness is worse, making or running the software is unable well.
To grade up the version of body and consciousness is absolute requirement for progress.
In Aikido practice, grading up the version is much more important than how to do several technique in particular case.
Two ants are doing what to do about technique but elephant tramples these in a moment.
The relationship of technique and version is same.
To make body control software and raise up the version are only way for real progress for inborn non talented person.

このコラムは本部道場の稽古でのコメントを基にしています。
This column is based comments in Aikido Hombu Dojo classes.

セミナー等の依頼はこちら。 About request of seminar is here.

Facebook ページのフォローお願いします。 Please follow my Facebook page.
最新情報が常に手に入ります。You will be able to get latest information.
Tomohiro Mori Facebook page