fbpx

『世界秩序の変化に対処するための原則』を読んで The Impression of The Changing World Order

世界秩序の変化に対処するための原則 レイ・ダリオ 日本経済出版社
The Changing World Order Ray Dalio

筆者はヘッジファンド、ブリッジウォーター・アソシエイツの創業者である。彼は同社を世界最大のヘッジファンドにまで成長させた。その資産運用のマクロ分析の根幹となっている理論を表したのが本書である。筆者は500年にわたる超長期の国家の興亡を研究することにより、国家興亡の原理を明らかにした。それぞれの国家は異なった環境で歴史を刻んでるが、俯瞰して見れば、ほとんど同じ運命をたどることになる。一つの国家が超大国となり世界の覇権を握り、やがては衰退していくサイクルは100年を超えるような長期的なものになるため、その時代の中にいる私たちは、国家興亡のほとんどの事象を生まれて初めてのこととして体験する。故に過去の歴史を研究することで、これからくる未来の事象を見通すことができるのだ。

本書ではオランダ、イギリス、アメリカの興隆と衰退、そして中国の興隆について描かれている。アメリカは既に筆者が定めた覇権国の興亡の六段階のうち五段階に入っている。今後アメリカに待ち受けている第六の段階は「内乱・革命」の局面である。中国は未だに第三段階にいるそうだ。長期的な歴史を普通に考えればアメリカの覇権が終わり中国が覇権を握る流れは避けがたい。日本では一部の日本人の願望を込めて中国が崩壊寸前だという書籍がよく売れているが、それが今日に至るまで現実になったことはない。中国崩壊論は一部の日本人が望むファンタジーであって、真実を明らかにするものではない。この現実はこれからも続くであろう。

筆者は中国の要人達とも交流があるそうで、中国のリーダーシップに向ける印象は好意的である。筆者の印象は強引なアメリカに現状のところは冷静さを保ちながら対応する中国である。そして台湾問題が両超大国の衝突の引き金になる可能性が高いと述べる。台湾問題は中国にとって決して譲れない案件である。現状は現在の覇権国アメリカが積極的に、この問題での圧力を強めているが、今後覇権国としての力を失うに従って、攻守が逆転し、中国が圧力を強めるだろうと筆者は予想する。アメリカは短期的に問題を解決することに利益があり、中国は長期的に問題に対処することで利益が得られる。筆者の予想は現在の世界情勢とも合致している。

私は2024年のアメリカ大統領選挙がアメリカの第六段階への推移のきっかけになると考えている。選挙後は、トランプが勝とうがバイデンが勝とうがアメリカ国民の分断は一層加速する。選挙前であれば両陣営とも選挙という民主政体の正式な方法での国家方針の決定を期待している状態である。選挙後はそれが一変する。敗北した側はもはや民主政体のシステムでは自分達の望む政府を選ぶことはできないと考える。勝利した側も敗北した側を徹底的に根絶するように動くであろう。選挙後の両者の和解は非常に難しい。両陣営共には自分達こそが正しいと考えているからだ。そうなった時、アメリカはどうなっていくのだろうか。歴史の転換点になるかもしれない今年の大統領選挙を注目するべきだろう。覇権国の運命は全世界に大きな影響を与えるのだ。

The author is the founder of the hedge fund Bridgewater Associates. He grew the company into the largest hedge fund in the world. This book outlines the theories that form the foundation of the macroeconomic analysis used in their asset management. By studying the rise and fall of nations over a span of 500 years, the author has uncovered the principles behind the cycles of national success and decline. Although each nation develops in its own unique environment, when viewed from a broad perspective, they follow remarkably similar paths. The cycle in which a nation becomes a superpower and eventually declines spans over a century. As a result, most events within this cycle are experienced as unprecedented by those living through them. Therefore, by studying past history, we can predict future events.

This book discusses the rise and fall of the Netherlands, the United Kingdom, and the United States, as well as the rise of China. According to the author, the United States is already in the fifth stage of the six stages of hegemonic cycles he has identified. The sixth stage that awaits the U.S. is “civil war and revolution." China, on the other hand, is still in the third stage. Considering long-term historical trends, the end of U.S. dominance and the rise of China as a new hegemon seems inevitable. In Japan, books predicting the imminent collapse of China, often reflecting the wishes of some Japanese people, sell well, but these predictions have never come true. The theory of China’s collapse is a fantasy held by some Japanese, rather than a revelation of the truth. This reality is likely to continue in the future.

The author has connections with the political important persons in China and holds a favorable view of Chinese leadership. He perceives China as maintaining its composure in response to a more assertive United States. The author notes that the Taiwan issue is likely to trigger a conflict between these two superpowers. For China, Taiwan is a non-negotiable matter. Currently, the United States, as the reigning superpower, is increasing its pressure on this issue. However, as the U.S. loses its hegemonic power, the roles will reverse, and China will intensify its pressure. The author predicts that while the U.S. benefits from addressing the issue in the short term, China stands to gain from a long-term approach. This prediction aligns with the current global situation.

I believe that the 2024 U.S. presidential election will mark the beginning of America’s transition into the sixth stage. Regardless of whether Trump or Biden wins, the division among American citizens will only intensify. Before the election, both sides hope to determine the country’s direction through the democratic process. However, this will change dramatically after the election. The losing side will believe that they can no longer achieve their desired government through the democratic system. The winning side will likely move to completely eradicate the opposition. Reconciliation between the two sides will be extremely difficult, as both believe they are in the right. What will happen to America then? We should pay close attention to this year’s presidential election, as it could be a turning point in history. The fate of a hagemonic nation has profound implications for the entire world.

セミナー等の依頼はこちら。 About request for the seminar is here.

Facebookページ,InstagramTwitter のフォローお願いします。

Please follow my Facebook page, Instagram, and Twitter.

YouTube チャンネルを登録してください。
Please register Tomohiro Mori channel.

記事を見逃さないよう、ご登録を
メールマガジン購読(無料)