「単独稽古2.0」 第3回 “The Independent Practice 2.0” No.3

今回は「単独稽古2.0」の理解のために、合気道の構造について説明したい。
I would like to explain the structure of Aikido for understanding “the Independent Practice 2.0”.

合気道の構造を理解しなければ、トレーニングの意味が分からない。
新たなトレーニングを作ることも出来ない。

We can not find the meaning of training without understanding the structure of Aikido.
We can not product new training, too.

私の理論では合気道は図のような4層構造をしている。
上部が、より具体的な層で、下部がより土台となる層である。
それぞれ下の層が上の層を支え、形作っている。

In my theory, Aikido has four layer structure as in the figure.
Upper part is more concrete layer and lower part is more fundamental layer.
Each lower layer supports and creates each upper layer.

「技」は「動き」から出来ている。
「技」は「一教」や「四方投」を表している。
「動き」は立ったり座ったりといった動作を表している。

“Technique” is made from “Movement”.
“Technique” expresses “Ikkyo” or “Shihonage”.
“Movement” expresses motion stand up or sit down.

「動き」は「身体意識」が支えている。
「身体意識」は身体と意識の間の世界に描かれるものだ。
具体的には「臍下丹田」や「センター軸」というものだ。

“Movement” is supported by “Body awareness”.
“Body awareness” is drawn in the world between body and mind.
For example, concrete things are “Bottom Core” or “Center Axis”.

「身体意識」は「氣エネルギー」で出来ている。
「氣エネルギー」は根本的なところで全ての層を支えている。
合気道の、この4層構造を理解することが単独稽古を作り、調整するためには必要なのである。

続く。

“Body awareness” is made from “Ki energy”.
“Ki energy” supports every layer from fundamental.
It is necessary to understand this Aikido four layer structure for making and adjustment of the independent practice.

To be continued.

セミナー等の依頼はこちら。 About request of seminar is here.

Facebook ページのフォローお願いします。 Please follow my Facebook page.
最新情報が常に手に入ります。You will be able to get latest information.
Tomohiro Mori Facebook page

You Tube チャンネルを登録してください。
Please register Tomohiro Mori channel.

Tomohiro Mori You Tube Channel

記事を見逃さないよう、ご登録を
メールマガジン購読(無料)